タヒボって何?

タヒボとは

タベブイア・アベラネダエ(学名)というノウゼンカズラ科の樹木、それがタヒボです。
タヒボはブラジル・アマゾン川流域に自生しています。

タヒボという名前は、古代先住民の古語で「神の光」「神からの恵み」という意味を持っています。

タヒボは熱帯雨林が生い茂る高温多湿の赤道直下の南米ブラジル・アマゾン川流域に自生しています。

乾季には乾いている土地ですが、雨季にはどっぷりと水に浸かり、水位はなんと深いところでは20mほども上がることも。
このような厳しい環境で育つタヒボは大木になります。
その大きさは高さ30m、幹は直径1.5mにも達 します。

雨季には木の幹が水没するからか、その木質部はとても固くて重く、水にも浮きません。
また、激しい嵐にも倒れることはありません。
根が深く張られているからです。
日本のような温帯地域に生育する、私たちが知る樹木とは生命力の強さが全く違うのです。

タヒボNFDの誕生秘話
この木が自生しているアマゾンは、現存する世界最大の熱帯林で、 世界でも数少ない手付かずの原生林が広がります。
「地球の肺」とも言われるように、その広大な熱帯林は地球の浄化を続けています。
地球上で最も生物種が多く、6万種の植物、1,000種の鳥類、300種以上の哺乳類が生息している と言われています。
このように豊富な植物が自生しているアマゾンは、薬木・薬草の宝庫です。
先住民の人々は、こうした様々な植物の中からどれが良性のものかを先祖代々伝統的に受け継いできました。
こうして長い歴史を経て受け継いでこられたものの一つが、タヒボです。
気候や土壌などの生育条件が限られているため、人工栽培が不可能とされている、本当に貴重な樹木なのです。

タヒボの歴史

タヒボの歴史をさかのぼること1500年以上も前になります。
代々この樹木を、「神からの恵みの木」「神の光」として古代の先住民たちは崇めて、その樹皮(内部樹皮)を煎 じたお茶を飲んで、健康の役に立ててきました。
約500~800年前に栄えた古代インカ帝国の時代には、黄金と交換するほど貴重な宝物として、健康の源だと珍重したとも言われています。

先住民たちがタヒボと呼ぶ樹木の樹皮を、
赤紫色の花が咲くノウゼンカズラ科のタベブイア・アベラネダエ(学名)であると
故・ウォルター・ラダメス・アコーシ博士(南米植物学の世界的権威)は、50年にも及ぶ調査・研究から、結論づけました。

そのアベラネダエ種のなかでも、南米ブラジル・アマゾン川流域の特定地域(※)に自生するものから、
非常に有用性の高い成分が含有されることを発見したのです。

後に、アコーシ博士が特定した地域で採取したタベブイア・アベラネダエの樹皮には
人の健康維持に優れたはたらきをもたらす栄養素が含有されるということが故・上田伸一博士(当時京都大学薬学部助教授)らの研究グループの
研究によって裏づけられました。

※メーカーであるタヒボジャパン社では、貴重な天然資源を乱伐や盗伐から保護するために生育地の公表はしていません。
また、その生育地を「特定地域」と表現しています。

タヒボジャパンの原料へのこだわり

メーカーであるタヒボジャパン社では、「タヒボNFD」の安定供給を行うために、
原料となるタヒボ原木の伐採体制を確立しています。
高品質を確保することはもちろん大事ですが、
さらに大変貴重な天然資源であるタヒボの保護や、将来的に安定に供給出来る為を考えてのことです。
こうして厳選されたタヒボの内部樹皮(靭皮部)を原料として「タヒボNFD」は製品化されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です